モチベーションが続く新年の目標の修正法3つ

 In ブログ

早いものでもう2月です。

 

昨年から続く新型コロナウィルスの影響で

 

事業計画が立てにくく

 

年始に立てた目標を見直したい

 

という人も多いのではないでしょうか。

 

 

今回は、モチベーションが上がる

 

新年の目標の修正法についてお伝えします。

 

 

1.継続できないときは、あえて三日坊主な目標を立てる

 

せっかく目標を立てたのに

 

三日坊主で終わってしまった。

 

そんな人は、継続するのが難しい目標を

 

立ててしまったのかもしれません。

 

 

ですが、まったく行動できなかったわけではなく

 

三日坊主になってしまったのなら

 

3日間は続いたということですよね!?

 

 

そんなときは、あえて1~3日で達成できる

 

目標に修正するのがおすすめです。

 

短期間で結果が出る目標をいくつも立てて

 

達成したら次の目標に取り組むようにすれば

 

モチベーションが続きます。

 

 

 

2.予想通りにいかないのは当たり前! 完璧主義にならない!

 

完璧主義な人は、真面目で自分に厳しいところがあり

 

目標を達成しようと努力できるのが長所です。

 

 

ですが、人と一緒に仕事をしていると

 

予想外の出来事が起こることもありますよね。

 

 

予定通りに進まず、目標が達成できないことに

 

イライラしてしまうことも・・・・・・。

 

 

すると、すべて自分に責任があると考えたり

 

ミスをした人を責めてしまったりして

 

ストレスが溜まる傾向があるので注意してください。

 

 

完璧主義にならないためには

 

目標は60%くらい達成できればOKというように

 

合格ラインを低めに設定するのがおすすめです。

 

 

 

3.自分を客観的にとらえて、正しい目標に修正する

 

たとえば、「資格をとる」という目標を立てたとします。

 

昨年までは、まったくその勉強をしていなかったのに

 

今年は1日3時間勉強する!

 

という目標を立てた場合

 

勉強を継続できると思いますか?

 

 

目標を立てるときはやる気にあふれているので

 

達成できるような気がします。

 

合格するためにはそれくらいの勉強時間が

 

必要な場合もあるでしょう。

 

 

ですが、今まで0時間だったのに

 

急に3時間の勉強をするのは無理があるといえます。

 

 

目標を修正するためには

 

まずは1月の勉強時間を振り返ります。

 

時間はあるけれどやる気が出なかった日や

 

仕事の対応に追われて物理的な時間がなかった日など

 

勉強ができなかった日の理由を書き出します。

 

 

こうして1ヶ月の振り返りをすることで

 

勉強をする時間がとれる曜日や時間帯がわかり

 

無理なく達成できる目標に修正できるはずです。

 

 

 

モチベーションを維持する目標は

 

達成が難しい数値目標ではなく

 

「これならできる!」と思える目標です。

 

まずはこの1ヶ月を振り返って、目標を修正しましょう。


Recent Posts