チームで仕事をするときに役立つ、2つの人間関係の使い方

 In ブログ

仕事や趣味、ボランティア活動など

 

人と一緒に何かに取り組むことってありますよね。

 

そこで、「なんだか自分の負担が大きいような気がする」と

 

感じたことはありませんか?

 

 

実は仕事上での関係とプライベートでは

 

人間関係の築き方が違うんです!

 

今回は、その2つの違いについてお伝えします。

 

 

・仕事とプライベートな人間関係の違いとは?

 

人間関係の築き方には、2つの種類があります。

 

ビジネスパートナー、職場の同僚、顧客など

 

仕事での人間関係は、「交換的人間関係」を築く傾向にあります。

 

 

交換的人間関係とは

 

欲しい商品を買うときに代金を支払うように

 

ギブ&テイクで成り立つ関係です。

 

 

それに対してプライベートでは

 

「共同的人間関係」を築く傾向があります。

 

これは、見返りを求めるのではなく

 

お互いを助ける共同的な関わりをするというものです。

 

 

・交換的 VS 共同的!? あなたはどちらの傾向がある?

 

人間関係において、共同的または交換的関係の

 

どちらを重視しているのかチェックしてみましょう。

 

 

以下の4つの質問に、◯または☓で答えます。

 

1. 人から助けてもらったら、すぐに恩返しをする

 

2. 助けてあげたのにお返しがないと「利用された」と感じる

 

3. チームで仕事をするときは、報酬を貢献度で決めてほしい

 

4. 誰かを助けたときに、感謝やお礼の言葉がないとイラッとする

 

 

 

◯が3つ以上ある場合・・・・・・交換的人間関係を重視している

 

☓が3つ以上ある場合・・・・・・共同的人間関係を重視している

 

 

・どちらか一方に偏らず、バランスをとることが大事!

 

仕事の場面では、報酬や評価基準がハッキリしている

 

交換的人間関係のほうがうまくいく場合があります。

 

 

ですが、あまりにもそちらに偏ってしまうと

 

人の仕事を手伝うことが損だと感じてしまいます。

 

 

「人は人、自分は自分」というドライな考えに偏ると

 

トラブルが起こったときに誰も助けてくれない・・・・・・

 

ということもあるかもしれません。

 

 

だからといって、共同的人間関係に偏ると

 

仕事を押しつけられる可能性があります。

 

得意な分野だから、仕事ができるから、という理由で

 

報酬は同じなのに仕事量が増えてしまうということも。

 

 

チームで仕事や作業を分担するときは交換的に考えたほうが

 

不満が生まれにくく、人間関係も良くなります。

 

 

仕事をマニュアル化して誰でも対応できるようにしたり

 

それぞれの得意分野を活かして、苦手な部分は補ったりと

 

ひとりの負担が大きくならないように話し合いましょう。

 

 

また、仕事でもプライベートでも

 

人間関係を良くするために必要なのが

 

感謝の気持ちです。

 

交換と共同、どちらの人間関係においても

 

気持ちを言葉にして伝えるようにしたいですね。


Recent Posts