コロナ禍でも売上げアップ! 「希少性の原理」の活用法とは?

 In ブログ

コロナ禍で売上げが減り、悩んでいる人は多いと思います。

 

いつになったらおさまるのだろうとヤキモキしてしまいますよね。

 

ですが、今が売上げアップのチャンスだとしたらどうでしょう!?

 

今回は、そんな社会の現状を味方につける

 

商品やサービスの「売り方」を紹介します。

 

 

 

・選択肢が少ないほど価値が上がる!? 「希少性の原理」

 

スウェーデンの社会心理学者オーチェルは、

 

希少性を求める人間の心理について実験をしました。

 

被験者を2つのグループ(A、B)にわけ、

 

それぞれ2回クッキーを食べるという実験です。

 

グループAの1回目の実験では

 

クッキーが10枚入ったびんから1枚とり、

 

味を評価してもらいました。

 

2回目は2枚入ったびんから1枚とって食べてもらいました。

 

それらのクッキーの味を比べたところ

 

2回に食べたクッキーのほうがおいしい

 

と答える人が多いことがわかりました。

 

 

同様に、グループBには1回目に2枚入り、

 

2回目に10枚入りのびんから1枚クッキーを

 

取り出して食べるという指示を出しました。

 

その結果、1回目に食べたクッキーのほうがおいしい

 

と答える人が多いという結果になりました。

 

 

この実験から、数が少ない=価値が高いと感じることがわかりました。

 

この心の働きを、「希少性の原理」といいます。

 

 

 

・なぜ、「限定商品」を買わずにいられないのか?

 

季節限定、期間限定、数量限定などの限定商品は

 

希少性の原理を使った売り方です。

 

「数量限定」は数が少ないだけで希少性を感じます。

 

さらに、「心理的リアクタンス」が働くために

 

買わずにいられなくなるのです。

 

決定や判断の自由が脅かされたときに抵抗する心の働きを

 

「心理的リアクタンス」といいます。

 

いつでも手に入る商品であれば買うか買わないか

 

買うならいつ、どれくらい買うかといった

 

判断を自分で下すことができます。

 

ところが、限定商品は欲しいと思ったときには

 

売り切れていて買えないことがあります。

 

これは、欲しいときに買う自由を脅かされる状態です。

 

 

だからこそ、「今、買わなければ!」という心理が働くのです。

 

 

 

・コロナ消費のポイントは希少性と非日常感

 

たとえば、コロナ禍では旅行する自由を脅かされます。

 

そのため、余計に旅行への興味がかき立てられます。

 

コロナ禍でキャンプやグランピングが流行したのは

 

三密を避けてできる少ない選択肢のひとつだったからです。

 

 

 

また、非日常感を味わえるのも人気の理由です。

 

 

つまり、時期の限定、希少性、非日常感をコンセプトに売り出せば

 

コロナ禍でも売上げがアップする可能性があるということです!

 

この記事が少しでも役に立ったらうれしいです。


Recent Posts