テレワークでパフォーマンスを上げる! 快適な部屋づくりとは?

 In ブログ

暑い日が続きますね。

 

テレワークの普及で自宅で仕事をする人が増えました。

 

自宅では服装や空調を自由に調節できるので

 

オフィスよりも快適に仕事ができそうです。

 

今回は快適さを感じる「室温」をテーマに

 

パフォーマンスを上げる部屋づくりについてお伝えします。

 

 

 

・室内熱中症にならないために知っておきたいこと

 

昨年、熱中症で救急搬送された人を調べた結果

 

熱中症が発生した場所の約40%が「住居」でした。

 

 

室内熱中症に警戒するラインは

 

室温28度以上、湿度70%以上だといわれています。

 

熱中症を予防するためにも室温と湿度は要チェックです。

 

また、鉄筋コンクリートのマンションの最上階に住んでいる人は

 

冷房の温度に気をつけましょう。

 

屋根の直下である最上階は

 

中間階と比べて室温が1度高くなるからです。

 

最上階に住む人は冷房の温度設定を

 

1度低めにするとよさそうです。

 

 

 

・自然光と蛍光灯、仕事をするならどちらがいい?

 

エアコンで電力を使ってしまう分

 

部屋の電気を消して自然光で仕事をしよう。

 

そう考える人も多いと思いますが・・・・・・

 

窓のカーテンを開けると

 

室内に熱が入ってきてしまうのでおすすめはできません。

 

窓の外にブラインドやシャッターを取りつけるだけで

 

室温の上昇を防ぐことができます。

 

昔ながらのすだれを取りつけるのも効果的です。

 

ゴーヤやヘチマ、アサガオなどの

 

プランターに植えたツル植物をネットに絡ませて

 

「緑のカーテン」を設置するのも◎です。

 

 

 

・早朝に空気を入れ換えてパフォーマンスを上げる!

 

高温で空気の新鮮度が低下している室内では

 

体も脳も疲れてしまいます。

 

ただ、新鮮な空気を入れるために窓を開けると

 

室内が高温になるので注意が必要です。

 

 

そこで、気温が上がりきっていない早朝に

 

空気を入れ替えるのがおすすめです。

 

 

仕事のパフォーマンスを上げるためには

 

室温を25~27度、湿度を50%前後に保つのが理想です。

 

室温が1度上がるとパフォーマンスが2%低下する

 

という調査結果もあるのだとか!

 

それほど室温は疲労や能力の発揮に影響するということです。

 

 

体に熱がこもらない素材の洋服を着て

 

こまめに水分を摂り、体を動かすことも忘れずに。

 

室内での熱中症にならないように気をつけて

 

いい仕事ができる環境を整えましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

健康と仕事の生産性アップのために

 

この記事が少しでも役に立ったらうれしいです!


Recent Posts