初対面の人に好印象を与える基本のテクニック

 In ブログ

オンラインでもリアルでも

 

初対面の人と話すのは緊張しますよね。

 

 

社交的で会話をリードしてくれるならいいですが

 

沈黙が流れたらどうしよう・・・・・・と

 

不安に感じる人もいると思います。

 

 

でも、たとえ会話が弾まなくても

 

「もっと知りたいな」と思ってもらえれば

 

これからもその人との関係が続きそうですよね。

 

 

というわけで今回は

 

初対面の人に好感を与える方法をお伝えします。

 

第一印象で「冷たい」や「怖い」と誤解されがちな人も

 

基本をおさえるだけでずいぶん印象が変わりますよ!

 

 

・人はあなたのココを見ている!?

 

心理学者のメラビアンは

 

「3Vの法則」を提唱した人です。

 

 

人が表情や態度により

 

矛盾したメッセージを発したときに

 

相手がどのように受け止めるのか研究したものです。

 

 

たとえば、「一緒に仕事ができてうれしいです」と

 

仕事相手があなたに言ったとします。

 

口ではうれしいと言っているものの

 

顔が引きつっていたり、声のトーンが暗かったりすると

 

「本音じゃないな」と気づきますよね。

 

 

つまり人は、相手の表情(視覚情報・55%)や

 

声(聴覚情報・38%)、言葉(言語情報・7%)を参考にして

 

本心や感情を読み取ろうとしているということです。

 

 

・好感が持てる=外見がいい」ではない!

 

この3Vの法則が転じて

 

「見た目が大事」という説が広まりましたが

 

実は第一印象に大事なのは、外見ではありません。

 

ただ、第一印象が決まるのは出会ってから7秒ほどなので

 

見た目(視覚情報)を判断材料にするのも

 

仕方がないことかもしれません。

 

 

だからこそ、視覚情報を味方につければ

 

初対面の相手に好印象を与えることができます。

 

 

 

・視覚情報を味方にする方法とは?

 

第一印象は話す前に決まることが多いので

 

親しみやすい人だという印象を

 

与えるようにするといいでしょう。

 

 

まずは、服装や髪型などの身だしなみを整え

 

清潔感のある外見を心がけます。

 

服の色もその人の印象に影響するので

 

柔らかい印象を与えたいときは

 

白、水色、緑、オレンジ、黄色などの

 

ペールトーンや暖色系を選ぶといいですね。

 

 

それから、豊かな表情も好印象につながります。

 

楽しい、うれしいといった明るい感情を

 

表情に出すことによって

 

相手もあなたに心を許します。

 

 

・内面を知る前に嫌われる!? 威圧的に見える仕草とは?

 

初対面の人と話すのが苦手でも

 

仏頂面で腕組みをしていると

 

威圧的で怖い人だと思われるので注意してください。

 

 

声のトーンが暗かったり

 

口調が強すぎたりするのもNG。

 

普段よりもトーンを明るくすると印象が良くなるので

 

挨拶や自己紹介のときは意識したほうがいいですね。

 

 

初対面の人に会うときに役立てていただけるとうれしいです。


Recent Posts