快適に働くために! リモートワークの問題を解決する方法

 In ブログ

テレワークが導入されたのはいいけれど

 

慣れない仕事で問題が山積みになっている

 

企業やチームは多いと思います。

 

 

ひとりで仕事をすることが多いフリーランスも

 

仕事のやりづらさを感じているのではないでしょうか?

 

 

クライアントが抱える問題を知っておくことで

 

仕事の進め方を工夫したり

 

新しい提案をしたりすることができますよね。

 

今回は、企業やチームが抱える

 

リモートワークの問題点と解決法についてお伝えします。

 

 

1.コミュニケーションが足りない

 

オンラインでの会議や商談は

 

コロナ感染防止対策もできて

 

移動の時間とお金がかからない

 

という利点があります。

 

 

カメラとマイクがあれば問題なく会話できますが

 

細かいニュアンスが伝わりづらく

 

行き違いが生じることも・・・・・・。

 

 

コミュニケーション不足を解消するには

 

オンラインで一緒に過ごす時間を増やすといいでしょう。

 

オンラインでランチ会をしたり

 

雑談をする時間を作ったりしている企業もあります。

 

 

ですので、クライアントとオンライン会議をするときは

 

雑談でウォーミングアップをしてから始めるのがおすすめです。

 

 

2.一度も会ったことがない人たちで仕事をする

 

オンラインでの採用面接で入社が決まり

 

出社せずにテレワークが始まったという

 

新入社員や中途採用の人もいます。

 

今後はこれがスタンダードになるかもしれません。

 

 

ビジネスの相手とはメールやチャットを使い

 

オンラインで打ち合わせをする

 

というスタイルは珍しくありませんが

 

一度も会ったことがない人たちと仕事をするのは

 

戸惑うことも多いのではないでしょうか?

 

 

新規のクライアントや新しい担当者と

 

オンラインでしか会ったことがない場合は

 

仕事だけでなく、趣味やプライベートなどの

 

話をするのがおすすめです。

 

お互いの人柄が伝われば心を許して話せるので

 

仕事もしやすくなりそうです。

 

 

3.モチベーションを維持するのが難しい

 

テレワークの課題として

 

モチベーションの低下があります。

 

 

コロナ禍で今後の見通しが立たず

 

事業や予算を縮小するクライアントも多いでしょう。

 

それによって新しい仕事がなくなり

 

モチベーションが下がってしまうことも・・・・・・。

 

 

社員のモチベーションを上げる取り組みとして

 

ワーケーションを導入している企業があります。

 

そこでは仕事に集中する時間と

 

観光などのバケーションを楽しむ時間にわけて

 

メリハリをつけて過ごします。

 

リフレッシュやコロナ対策だけでなく

 

観光やリゾート、自然との触れあいなどから刺激を受けて

 

仕事に活用するという狙いもあります。

 

 

ですので、フリーランスも

 

クライアントと仕事をする時間を合わせて

 

ワーケーションするのもいいのではないでしょうか。

 

 

リゾート地や遠い場所まで行かなくても

 

メリハリをつけて仕事をすることで

 

モチベーションや集中力を維持できそうです。

 

 

3つの問題点と解決策が

 

少しでも役に立ったらうれしいです!


Recent Posts