クライアントを納得させる5W1Hの活用術

 In ブログ

「この仕事は絶対にとりたい!」

 

そんな失敗できないプレゼンや企画書の作成。

 

内容はもちろん大切ですが

 

相手に伝える順番や構成で印象が大きく変わります。

 

そんなときに使うのが「5W1H」です。

 

今回は、相手に伝わる5W1Hの使い方を解説します。

 

 

・現代の会話は主語が抜けている? 5W1Hをおさらいしよう!

 

中学校の英語の授業で習った5W1H。

 

まずは、内容をおさらいしましょう!

 

 

When・・・・・・いつ(時間)

 

Where・・・・・・どこで(場所)

 

Who・・・・・・誰が(人物)

 

Why・・・・・・なぜ(目的、理由)

 

What・・・・・・何を(内容、起こっている事象)

 

How・・・・・・どのように(手段)

 

 

企画やプレゼンの内容を整理したり

 

商品やサービスを生み出したりするときにも使えますが

 

仕事の会話でもこれらをモレなく伝えることでミスを防げます。

 

 

1対1のLINEやチャットでは

 

相手または自分が行う動詞だけを簡潔に伝えますよね。

 

たとえば、「(わたしが)(飲み物を)買っていく」とか

 

「(あなたは)何時(に着く)?」だけで会話が成立します。

 

 

こうした会話に慣れていると

 

普段の会話でも主語が抜けてしまい

 

誤解が生じることがあります。

 

特にビジネスでは「誰が」や「何を」を

 

明示するように心がけましょう。

 

 

・W-W-Hで伝わるプレゼンができる!

 

商品の説明などは、Why―What―Howの順番で話します。

 

Why・・・・・・その商品を使う目的(何のために)

 

What・・・・・・商品の内容(何を)

 

How・・・・・・具体的な使い方(どのように)

 

 

最初に本質的な部分を説明して

 

次に詳細な内容・仕様について話します。

 

その後に、どのような場面で使用するのかなど

 

相手が想像しやすいように具体例を挙げます。

 

 

はじめにその商品の必要性を感じてもらうことで

 

その後の説明にも関心を持ってもらえるはずです。

 

 

 

・説得するときはダメ押しの3W!

 

商談のクロージングや相手を説得したいときは

 

Why(なぜその商品を売りたいのか?)に対して

 

3つのWを理由として付け加えます。

 

What・・・・・・なぜその商品なのか?(商品説明)

 

Who・・・・・・なぜそのターゲットを狙うのか?

 

When・・・・・・なぜその期間、時期、時間なのか?

 

 

3つのWで相手が納得したら

 

どのような手段・方法で顧客に売るのかなど

 

Howを具体的に挙げていきます。

 

 

いかがでしたか?

 

商品やサービスを考えるときも

 

商談やプレゼンでの会話でも

 

5W1Hを活用しましょう!


Recent Posts