午後の仕事がはかどる! 快適な仮眠のススメ

 In ブログ

午後になると眠くなって、仕事がまったく進まない。

 

という悩みはありませんか?

 

 

少しだけ寝るつもりだったのに、ガッツリ昼寝してしまった。

 

テレワークが普及したからこそ、そんな人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、午後の仕事がはかどる仮眠のとり方をお伝えします!

 

 

・ランチ後に眠くなるのは自然の摂理!?

 

しっかりと睡眠がとれていれば、昼間に眠くならないはず。

 

日中に眠くなるのは、気合いが入っていないせい!?

 

 

そんな風に思うかもしれませんが・・・・・・

 

実は、それは間違いです。

 

 

人の体内時計では、眠気が襲ってくるタイミングが

 

1日に2回あるといわれています。

 

起床時刻から約8時間後と約22時間後なので

 

朝7時に起床する人の場合

 

15時と5時に眠気がやってくるはずです。

 

 

つまり、ランチ後~おやつタイムあたりに眠くなるのは

 

自然の摂理だということです。

 

 

 

・パフォーマンスを上げる仮眠の3つのルール

 

眠くなったときは我慢するのではなく、仮眠をとりましょう。

 

ですが、長時間の昼寝をすると仕事の時間がなくなったり

 

夜に眠れなくなってしまいます。

 

それでは、仕事がはかどる仮眠のためのルールを紹介します。

 

 

1.仮眠時間は30分以内にとどめる

 

仮眠時間が長くなると、眠りが深くなります。

 

すると起きたときに覚醒が遅く、頭がボーッとしてしまいます。

 

若い人ほど睡眠が深くなるまでの時間が短く

 

20~30代は15分程度がいいのだとか。

 

仮眠は最長でも30分にとどめたほうがよさそうですね。

 

 

 

2.眠くなる前に目を閉じる

 

眠気を感じてから仮眠に入ると睡眠の脳波が出てしまい

 

起きたときに覚醒するまで時間がかかります。

 

目を閉じてすぐに深い眠りに入ってしまうからです。

 

 

なので、眠気を感じる前に目を閉じて

 

心も体もリラックスさせてから仮眠をとりましょう。

 

7時に起きた場合は、15時に休憩をとるというように

 

仕事のスケジュールに組み込んで!

 

 

 

3.座ったまま仮眠をとる

 

仮眠からスッキリと目覚めるためには、頭を立てたまま眠る姿勢をとります。

 

デスクにうつぶせになると眠りが深くなり

 

首が不安定になる「船をこぐ」状態では目覚めが悪くなるので

 

寝るときの姿勢はとても重要なのです。

 

 

自宅なら、ソファーに寄りかかるのがおすすめです。

 

オフィスではクッションやネックピローを使って

 

頭の位置を固定するといいですね。

 

 

 

いかがでしたか?

 

仮眠後に頭がスッキリすると、やる気がわいてきます。

 

眠いときは我慢せずに、仮眠をとってくださいね!


Recent Posts