人の気持ちをグッとつかむ「カクテルパーティー効果」の使い方

 In ブログ

取引先の人が商談に集中していない……。

 

もっとインパクトを与えるプレゼンがしたい!

 

そんなときに使えるのが「カクテルパーティー効果」です。

 

今回は、相手の心に残るアピール法についてお伝えします。

 

 

・重要度が高い情報は自然に耳に入ってくる!

 

大勢の人がいるにぎやかな場所でも

 

誰かが自分の名前を呼ぶ声は聞きとれる。

 

それが、「カクテルパーティー効果」です。

 

 

人間の脳は、耳から入ってくる音の中から

 

重要度や必要性が高い情報を選別して

 

重点的に聞きとることができます。

 

 

カクテルパーティー効果を提唱した心理学者のチェリーは

 

重要な情報を聞きわけられるかどうかの実験をしました。

 

被験者にヘッドホンをつけ、左右で違う音声を流します。

 

被験者には「右側の音声を聴くように」と指示したところ

 

右側の音声の内容はしっかりと聞きとっていたのに対して

 

左側の音声の内容はほとんど覚えていませんでした。

 

 

 

・商談の相手が集中していないときの声のかけ方

 

長い会議やオンラインでの商談などは集中力が途切れがちです。

 

商談相手の注意をこちらに向けたいときに

 

カクテルパーティー効果が使えます!

 

 

その方法は、相手の名前を頻繁に呼ぶことです。

 

 

「〇〇さんが以前おっしゃっていたように~」とか

 

「〇〇さんの意見をお聞かせいただきたいです」というように

 

自分が話すときに相手の名前を呼びます。

 

 

人は自分の名前を呼ばれるとドキッとします。

 

自分の名前=重要な情報だからです。

 

名前を呼ばれると、その前後の情報も重要だと感じるので

 

相手の記憶に残したい情報は

 

名前を呼んでから伝えるといいでしょう。

 

 

・ターゲットをしぼることの意味とは?

 

新サービスや商品を作るときは

 

ターゲットをしぼります。

 

多くの人に使ってほしいという願いから

 

「誰でも簡単に~」や「幅広い世代の人に~」と

 

広く呼びかけるとインパクトに欠けてしまいます。

 

 

実はターゲットをしぼるのも

 

カクテルパーティー効果を利用しているのです。

 

 

「20代の女性限定」や「〇〇なあなたに」と

 

ターゲットをしぼって呼びかけることで

 

対象となる人は、「自分のことだ!」と感じます。

 

パーティーで他人の名前を聴いても耳に入りませんが

 

自分の名前が呼ばれたり、興味がある話をしていたりすると

 

その内容だけが聞こえてくるのと同じです。

 

 

なので、ターゲットを決めるだけでなく

 

その人が興味を持つキーワードを

 

会話やプレゼンの中で何度も言うのがポイントです。

 

 

 

ちなみに、テレビや動画は誰かと一緒に見る機会が多く

 

出演者は視聴者に対して、「みなさん」と呼びかけます。

 

それに対してラジオや音声配信はひとりで聴くことが多いため

 

リスナーには、「あなた」と呼びかけるそうです。

 

 

ラジオの呼びかけは自分だけに話してくれているようで

 

パーソナリティーに親近感がわきますよね。

 

 

カクテルパーティー効果でも同じ心理が働くので

 

ぜひ、この効果を活用してくださいね!


Recent Posts